Webライターの本音を書いてしまおう

ウェブライターとして、記事作成代行を承っています。 クラウドワークスやココナラで主にライティングを受注しています。 在宅副業として始めて、今はフリーランスライターとしていろいろな執筆を請け負います。 このブログでは、Webライターという働き方や、始め方、効率的な仕事術、仕事をするうえでのトラブルなど、感じたことや体験を書いています!

2016年07月

最近主婦でも学生でも会社員でも簡単な文章作成でお小遣い稼ぎをするという副業が流行っています。そんな副業の中で人気が高い記事作成です。


ネット上のサイトやブログ記事を書くライターのことをウェブライターと言いますが、ウェブライターになるには経験はいらないのでしょうか。



web ライターという仕事について


web ライターと言うのは簡単にいってしまうとウェブ上の記事やコンテンツを執筆代行するお仕事です。


人のために記事を書くということはとても難しいことのような気がしますが実際にはとても簡単です。


これらのネットを介して行う副業の中でも、文書作成や記事執筆は特にスキルを必要としない初心者でも始めやすいお仕事です。



本当に経験がなくてもウェブライターになる方法


ウェブライターになるにはまずクラウドソーシングの会社に登録しましょう。クラウドソーシングというのはネット上のやり取りで仕事を依頼する人と仕事を請け負う人とはやり取りをし、仕事の契約を行う新しい就業スタイルです。


ネット環境さえあれば仕事を依頼したり受注することが可能になります。


クラウドソーシングの仕事のなかには色々なものがありますが、その中でも簡単に始められるのが文章作成です。


クラウドソーシング に登録すれば、初心者や未経験者歓迎という仕事がたくさんありますので、仕事を始められるでしょう。


Web ライターについてもっと知りたい人は、こちらのブログを読んでみてください。


ウェブライターというのは、ウェブ上のサイトやブログに記事を書く仕事をする人のことです。

世の中に、ライターという職業はたくさんありますが、最近のネット普及に伴い、ウェブライターとして稼ぐ人も多くなりました。

作家というと、なかなか凡人には、難しいという印象がありますが、ウェブライターというのは、はっきり言って、だれでもなることができます。

クラウドソーシングの会社に登録すれば、ライター募集はいくらでもあります。

ネット環境とパソコンがあれば、だれでも始めることができる、気軽な副業なんです。

パソコンが無くても、スマホやタブレットからでも作業することは可能です。

詳しく知りたい人は、こちらの記事を読んでみてください。

 

↑このページのトップヘ