Webライターの本音を書いてしまおう

ウェブライターとして、記事作成代行を承っています。 クラウドワークスやココナラで主にライティングを受注しています。 在宅副業として始めて、今はフリーランスライターとしていろいろな執筆を請け負います。 このブログでは、Webライターという働き方や、始め方、効率的な仕事術、仕事をするうえでのトラブルなど、感じたことや体験を書いています!

カテゴリ: ウェブで稼ぐ

人生は選択の連続です。

AとB、どっちにするか、迷う場面が多いですよね。


ショッピングの際に、こっちにしようかなー、
それともあっちがいいかなー、

なんて、迷う楽しさもあります。

でも仕事効率化という観点から言えば、

迷いは少ないほうが、ベターです。


迷ってる暇があったら行動せよ。

と、よく聞きますが、まさにその通り。


続きを読む

ライターにとって、ライティングスピードは速ければ速いほうが効率的に稼げますよね。ライティングスピードを上げるためにはまずタイピングを速くすることが、手っ取り早いでしょう。

タイピングはブラインドタッチができればいいですが、できない人も少し練習すればそれだけでもちょっとは速くなります。ブラインドタッチやタイピングを練習するのは無料のサイトでできるので検索してみてください。

それだけでなく、ライティングスピードを上げるためには、検索やリサーチの速度を上げることも大切です。ライティングの仕事では多くの場合ネット検索で得た情報をもとに記事を作成します。ですので、この検索スピードを上げることがそのままライティングスピードを上げることになります。


クラウドワークスを使っていますが、ときどき変なクライアントがいます。困ったことに、うさんくさい依頼主もいるみたいで、クラウドワークスからの注意メッセージも最近増えたような気がします。

うさん臭い、とか、たちの悪いクライアントを見抜くには、やはり経験しかないみたいですね。


3cd9df75163b1527d44d4db2074be445_s


私は今まで大きなトラブルになったことはありませんが、掲示板とか見ていると、報酬未払いなんかもあるみたいで。ちょっと心配ですよね。

報酬はきちんと払ってもらえるとしても、契約してみると思っていたよりも作業量が多かったり、修正がたくさん入ったり、

もう二度とこのクライアントとはいっしょに仕事したくない、

と感じることも少なくないんですよね、実際。


クラウドワークスで仕事受注!クライアントのトラブルを避けるためのコツと注意点

web ライター生計を立てるつもりであるなら、クライアント選びがとても重要になります。


ライターとして収入を得ている人は、クラウドソーシングを利用している人も多いと思います。


クラウドソーシングは色々なメリットがあり、 ライターとしてスキルアップするにはとてもぴったりのワークスタイルです。


しかし、一方でクラウドソーシングのクライアントにはいろいろな人がいます。そのクライアントの選び方次第では、 効率よく 稼げる場合とそうでない場合がありますので、慎重に選ぶべきです。


私がクライアントを選ぶときに気をつけていることは、次の様なことです。


クライアントとしての評価が高い

連絡が密である

メッセージが丁寧


ネットで稼ぐ,手っ取り早い方法がウェブライターです。その手のサイトに登録すれば、いくらでも仕事があります。

ただし、仕事によっては非常に単価が安いものがあるので、きちんと自分で選択しないと、やってもやっても稼ぎにならないということもあります。

まあ、暇つぶしにゼロ円よりは数円でも稼ぎたいという人は別として、慣れてきたら、少しずつ単価の高いものに挑戦してスキルアップを図ることも大切ですね。 

↑このページのトップヘ