Webライターの本音を書いてしまおう

ウェブライターとして、記事作成代行を承っています。 クラウドワークスやココナラで主にライティングを受注しています。 在宅副業として始めて、今はフリーランスライターとしていろいろな執筆を請け負います。 このブログでは、Webライターという働き方や、始め方、効率的な仕事術、仕事をするうえでのトラブルなど、感じたことや体験を書いています!

タグ:副業

人生は選択の連続です。

AとB、どっちにするか、迷う場面が多いですよね。


ショッピングの際に、こっちにしようかなー、
それともあっちがいいかなー、

なんて、迷う楽しさもあります。

でも仕事効率化という観点から言えば、

迷いは少ないほうが、ベターです。


迷ってる暇があったら行動せよ。

と、よく聞きますが、まさにその通り。


続きを読む

先週から、ライティングのお仕事が書けなくなっています。
なぜか、自分ではなんとなく理由がわかっているのですが、とにかく、執筆に集中できない…


年に何回かこういう「スランプ」がやってきます。

そんなときはどうすればいいのか。
いろいろな人が方法や対策を書いていますが、私の場合は、時がたつのを待つしかありません。



続きを読む

毎日書いているのですが、このブログは更新してないねー
という話です。


私がWebライターとして仕事をし始めたのが、2014年です。
それ以来、ほとんど毎日何かしら文章を書いています。


4295781_l_s



もちろん、書かない人もたまにはあります。

ーーー旅行に行ってるときとか?


書くことが好きだし、書くことが仕事なので、

常に何か書いているのが当たり前の状態です。
むしろ、書かないということが不自然で。


でも、このブログのことはかなり放置してしまっていました。
これからはときどき、書いていこうと思います。



ダラダラと長く書くことはないかもしれませんが、
短いつぶやきでも、適当な頻度で続けていくことが大切ですよね。






クラウドワークスを使っていますが、ときどき変なクライアントがいます。困ったことに、うさんくさい依頼主もいるみたいで、クラウドワークスからの注意メッセージも最近増えたような気がします。

うさん臭い、とか、たちの悪いクライアントを見抜くには、やはり経験しかないみたいですね。


3cd9df75163b1527d44d4db2074be445_s


私は今まで大きなトラブルになったことはありませんが、掲示板とか見ていると、報酬未払いなんかもあるみたいで。ちょっと心配ですよね。

報酬はきちんと払ってもらえるとしても、契約してみると思っていたよりも作業量が多かったり、修正がたくさん入ったり、

もう二度とこのクライアントとはいっしょに仕事したくない、

と感じることも少なくないんですよね、実際。


クラウドワークスで仕事受注!クライアントのトラブルを避けるためのコツと注意点

ウェブライティングで稼ぐには、自分の仕事スピードを的確に把握しておくことが大切です。なぜかというと、自分の作業スピードが分かっていれば、その月に引き受ける仕事のボリュームを最適に調整できるためです。

特に自覚しておきたいのは、タイピングのスピードです。これは、いくらか練習をすれば誰でもある程度は早くなるものですが、体調や書く内容によっても、スピードが変わってきます。


9b4b7aca8460c130ab64b984a0b2a8fe_s


たとえば、何も下調べなしで書く場合は、1000文字書くために何分必要か、また自分の得意なジャンルであればリサーチしながらどのくらいで書き上げることができるかなど、ある程度の目安を持っておくことです。

1か月の稼働時間はだいたい見当が付くわけですから、その時間内でできる分だけの仕事を請け負えば、ストレスを感じることなく、最大の仕事量をこなせるはずです。

↑このページのトップヘ