Webライターの本音を書いてしまおう

ウェブライターとして、記事作成代行を承っています。 クラウドワークスやココナラで主にライティングを受注しています。 在宅副業として始めて、今はフリーランスライターとしていろいろな執筆を請け負います。 このブログでは、Webライターという働き方や、始め方、効率的な仕事術、仕事をするうえでのトラブルなど、感じたことや体験を書いています!

タグ:記事作成

ライターにとって、ライティングスピードは速ければ速いほうが効率的に稼げますよね。ライティングスピードを上げるためにはまずタイピングを速くすることが、手っ取り早いでしょう。

タイピングはブラインドタッチができればいいですが、できない人も少し練習すればそれだけでもちょっとは速くなります。ブラインドタッチやタイピングを練習するのは無料のサイトでできるので検索してみてください。

それだけでなく、ライティングスピードを上げるためには、検索やリサーチの速度を上げることも大切です。ライティングの仕事では多くの場合ネット検索で得た情報をもとに記事を作成します。ですので、この検索スピードを上げることがそのままライティングスピードを上げることになります。


4
最近、クラウドワークスで仕事を探していると、リライト案件というのをよく見かけますね。

以前はリライトというと、ちょっとネガティブな感じがありましたが、

ここのところ、そうでもないみたいです。

リライトだから普通のライティングよりも安め、というのはありますが、

案件によっては、おおっと思うくらい、

報酬が良いものもあります。



リライトって何?という人は、こちらの記事が分かりやすいです。




それで、私も積極的にリライト案件にも応募してみることにしました。

やってみると、一からオリジナル記事を作成するよりも

はるかに時間が短くてすみます。



なので、効率よく稼ぎたいという人にはおすすめ。



ウェブライターというのは、ウェブ上のサイトやブログに記事を書く仕事をする人のことです。

世の中に、ライターという職業はたくさんありますが、最近のネット普及に伴い、ウェブライターとして稼ぐ人も多くなりました。

作家というと、なかなか凡人には、難しいという印象がありますが、ウェブライターというのは、はっきり言って、だれでもなることができます。

クラウドソーシングの会社に登録すれば、ライター募集はいくらでもあります。

ネット環境とパソコンがあれば、だれでも始めることができる、気軽な副業なんです。

パソコンが無くても、スマホやタブレットからでも作業することは可能です。

詳しく知りたい人は、こちらの記事を読んでみてください。

 

↑このページのトップヘ